妻に内緒で母とセックスした近親相姦エロ体験話

妻に内緒で母とセックスした近親相姦エロ体験話 えろばな(エロ話)


みんなのエッチなエロいお話を集めたブログ


えろばな(エロ話) --> 妻に内緒で母とセックスした近親相姦エロ体験話





記事No.1122:日付(2018-02-11)
カテゴリ:近親相姦

39才にもなって未だに母を抱きたいと思っていた。
母は59才。タイトスカートが似合う気丈な美容師である。
学生時代から僕は実家に帰るたび、母の下着でオナニーをしていた。洗濯前の下着は昔から洗面所の一番下の引き出しに入っており、ここを開けるのが、当時、僕の最大の楽しみだった。僕は母の目を盗み、洗濯前の下着を自分の部屋に持っていった。そして、少し濡れているあの部分を鼻に押し付けたり、口に含んだりしてオナニーにふけった。

その後はまた、そっと元にあった場所に返し、平然と 家族団欒に入った。

そんな僕も結婚をして二人の子供を設け、しばらく母のことは忘れていた。
そんなおり、今年の正月に家族で実家に帰ることとなった。

帰省は毎年してたが、その年は妻が同窓会ということで、子供二人と僕だけで
帰省となった。

実家へ着くと二人の子供は私の父(つまり二人のおじいさん)と遊びたくて、
まとわり付いていた。

3人で近くの神社や公園へ遊びに行くこととなった。

子供たちが出かけると、僕は居間で昼寝でもしようかとぼーっとしていた。
離れの美容室には、お客がいるようで、母の声が静かに聞こえてくる。

ふと、僕は学生時代のことを思い出し、母のあの下着がある洗面所へ向かった。
そして、、、震える手で洗面台の一番下の引き出しを開けると……。

ありました。あの時と同じ母の下着が…。しかも洗濯前の下着が。

僕はその下着を手に取り、母の匂いをかぎつつ、僕のいきりたった物を
さすり始めた。

下着の中心部にはいつもと同じ母のにおいが付いていた。
僕は息を荒げていた。
「お母さん~~。」僕は母の下着の匂いを嗅ぎつついってしまった。

そこへ。。
「○○、なにやっての!」と母が…。
弁解の余地も無かった。

すぐに下着を元あった場所に返し、
逃げるように自分の部屋へ帰った。

その夜は気まずい状態で夕食を共にした。
父と二人の子供は一緒に今夜は寝るようだ。

三人が寝て、さらに気まずくなったとき母が
「母さん風呂に入るから、先に寝ていいわよ」
ようやく気まずさから開放され、
2階の自分の部屋で寝ることとした。

しばらく、布団の上でもやもやしていたが、
母に今日のことを弁解しようと思い、リビングへ向かった。
リビングには湯上りの母がいた。

「お母さん、あの。今日のことだけど」
「なに、、、」
「ちょっと、間違って洗面所の引き出しを開けたら、
お母さんの下着が入っていて。」

「うそ言うんじゃないわよ、昔からお母さんの下着であんなことしてだでしょ。」
「え、知ってたの?」
「お母さんのこと好きだったの?」
「うん。今でも。」

母は、にこりとすると、
「向こういきましょ。」と
母は僕の手に引き、離れの美容室に行った。

母は僕をシャンプー台に座らせた。
「お母さんのこと今でも好きなの?」
「うん、いまでもお母さんのこと女として好きなんだ」
「○○、横になっていいよ」と言った。

シャンプー台に横になった僕の下半身に母の手が
伸びて、脱がし始めた。

「お、お母さん!」
「し~!、内緒よ」

僕の下半身は丸裸となった。

母は僕のペニスにそっと口付け、そして咥えていった。
「あ、お母さん~、いっちゃうよ。僕もお母さんの触りたい。」

と言うと、母は僕の手を母の大事な部分に導いた。
母はバスタオルの下にいつもと同じ様な下着を着けていた。

「○○が好きなパンティーよ。」
「触ってもいいのよ」

母は僕の好きなパンティーを知っていた。知っていて、
あの引き出しに入れていた。

僕は母を引き寄せ、バスタオルを剥ぎ取った。
母の小さい乳房が僕の目の前に現れた。
僕のもっともすきな乳房だ。

「お母さん、おっぱい吸っていい?」
「○○、40歳にもなって何言ってるの?」
「でも、ちょっと舐めていい?
「う・ん」

僕は母の乳首を舐めた。

「はっ、、いい~、そ・こ」
母は60歳とは思えぬ声で悶えてきた。
母は僕のあそこをさすり、声を出して悶えてきた。

僕も同時に母のあそこをなでた。
僕の好きなパンティーの上から母の大事な部分をゆっくりさすった。
すでに母のあそこはぐしょぐしょに濡れている。

片足をシャンプ台の肘かけに乗せ、
パンティーの際から僕は母のあそこを舌で舐めなじめた。
母のあそこからは愛液がしたたり落ちてきた。

「あ、あ、○○、、だ・め」
母は僕のものを握って、さすって離さない。

「お母さん、僕もいきそうだよ。
上にきて、、」

シャンプー台に寝ている僕の上に母を乗せ、
母のあそこに僕のいちもつをいれた。

「あ~~、いい!!」
「僕もいそうだよ、、お母さん。」
「あ、あ、あ、いく~~」
「あ~○○、気持ちい~い~」
「ぼ、僕も~」

母を上にして乳首を舐めまわした。
大きくなった乳首を母は僕の口に押し付けて
「あ~、○○、、、○○」と悶えている。

僕は母の乳首をくわえ、母の中に入れ少しでも長くこの快感が
続くように歯を食いしばった。

でも、ほんの30秒後には母の中に果ててしまった。

翌日母は、いつもどおり朝食を作り美容院へ行った。
いつものように子供たちは父と遊んでいる。

僕は髪の毛を切りにその美容室に行った。
お客は今帰ったばかりだ。

髪の毛を切ったあと洗面台に上向けになり髪の毛を洗った。
昨日のぬくもりが残っていた。

母は外の様子を気にしながら、玄関へ向かいそっと鍵を閉めた。

母はそっと僕のズボンを脱がし
ペニスをなめ始めた。
「え、、まずいんじゃ。」
「大丈夫よ、鍵を閉めたし、、、」
母は僕のをしゃぶりながら言った。

母のフェラは絶妙でほんの少しで
「お母さん~」と母の頭を押さえながら果ててしまった。

帰りがけ、「また、いつでも髪を切りにいらっしゃい」と
笑顔で送り出してもらった。

今度行った時も、あの下着が引き出しの中にあると思うと、
来週にも妻に内緒で行こうと決めた。


タグ:近親相姦/母親/エロ/セックス/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:妹と関係を持った近親相姦浮気エッチ告白話



続きを見る

記事名:ノーパンの人妻との職場不倫エッチ告白話



続きを見る

記事名:AVに出てた素人娘とエッチした体験話



続きを見る

記事名:淫乱な彼女との乱交パーティー話



続きを見る

記事名:セックスレスな友達のエロい人妻とラブホでエッチした不倫体験話



続きを見る

↑ PAGE TOP

えろばな(エロ話) --> 男友達との4P乱交潮吹きセックス告白体験談