女王様に亀甲縛りされ手コキSMプレイ体験話

女王様に亀甲縛りされ手コキSMプレイ体験話 えろばな(エロ話)


みんなのエッチなエロいお話を集めたブログ


えろばな(エロ話) --> 女王様に亀甲縛りされ手コキSMプレイ体験話





記事No.236:日付(2017-09-17)
カテゴリ:SM

もう10年以上前になるけど、初めてSMクラブに行った。

Mコースが1万円で遊べるとてもリーズナブルなクラブだった。

駅前の電話ボックスから店に電話をかける。

すごくドキドキした。

出たのは女性だった。

「そこから看板が見えますか?そのビルの10階です」

と場所の説明を受ける。

自分の声が震えているのがよくわかった。

偽名(友人の名)を伝えて電話を切る。

口がカラカラになり、缶ジュースを買って一気に飲む。

指定されたビルの入り口まで来たが、なかなか入れない。

やはりこのまま帰ってしまおうかとも思う。

ビルの前を行ったりきたりすること数回。

意を決してビルに入り、エレベーターを待つ。

誰かがはいってくるんじゃないかということがすごく気になる。

もしも行き先が同じやつと乗り合わせたらどうしよう。

ほかの階で降りるやつでも、

このビルの関係者は10階がSMクラブであることを知っているかもしれない。

待っている時間がすごく長く感じた。

エレベーターが来て、乗り込む。

幸いほかには誰も乗ってこない。

10階のボタンを押す手が震えてうまく押せない。

なんとかボタンを押して、扉を閉める。

エレベーターが動き始める。

心臓は生まれてから一番速く打っていたと思う。

クラクラしてくる。

どこの階にも止まらず10階につく。

扉が開くと、正面のドアに「アリス/セリーヌ」と書いてある。

エレベーターにもどって引き返そうかという気持ちになるが、

思い切ってブザーを押す。

・・・これで賽は投げられた・・・。

男性の声で「はい、どうぞ」という声。

恐る恐る扉を開けると、背広姿の男性が迎え入れた。

「SとMとあるんですけど、どちらのコースになさいますか?」

と聞いてくる。

「Mでお願いします」

「Mコースですと、この子とこの子と・・・」

と言いながら写真をカウンターの上に出していく。

5人ぐらいの写真があったと思う。

写真の下にはサイズが書いてある。

その中で一番普通っぽい子を指名する。

Yちゃんという子だった。

「Yちゃん、Mコースね」

と受付の男性が奥に声をかける。

「あの・・・、女王様っぽい格好じゃなくて、普通っぽいミニスカートでプレイしてほしいんですけど・・・」

と精一杯希望を伝える。

普通の女の子に縛られていたずらされたい願望が強いのだ。

受付の男性は奥を覗き込んで「それならこのままでいいんじゃないかな」と言う。

「お待たせしました。

Yです」と女の子が出てきた。

そんな超ミニではないが、膝上10cmぐらいの白いワンピースだった。

事務所を出て、すぐ右側の部屋がプレイルームになっていた。

部屋に入ると、「今日はどんなプレイがよろしいですか」と聞いてくる。

「まったく初めてなんでよくわからないんですけど・・・」とオレ。

でもお任せにしてつまらないプレイになるのはいやだったので、

精一杯希望を伝える。

「後手に縛られてころがされて、犯されるようにしてイカされてみたいです」

「じゃ、シャワーを浴びてきてください。

汗を流す程度でいいですよ」と言われシャワールームへ。

バスタオルを巻いてシャワーから出てくると、

「それじゃ挨拶しましょうね。プレイは挨拶から始めるものなのよ」

と言われ、

「ご調教よろしくお願いします」と土下座する。

正直こういうベタなSMプレイはきらいなので、

こういう挨拶をしたのはこれが最初で最後だ。

挨拶をすると、立たせられて後手に縛られていく。

生まれて初めて女の子に縛られている。

鏡に映る様子を見ながらバスタオルの下で勃起してきてしまった。

後手に縛り終わるとバスタオルをはずされる。

まだ包茎手術前だったオレの粗チンが晒される。

そして亀甲縛りにされる。

雑誌でしか見たことない光景が自分の身に起こっている。

興奮が高まる。

オレが初めてだったせいか、

ローソク、ムチ、靴なめ、顔面騎乗一通りのメニューが流れていく。

靴なめはできなかったが、

「こんなことができないんじゃ○○あたりの女王様とはプレイできないわよ」

と言われた。

ふと時計が目に入る。

30分ちょっと前はまだ外を歩いていた。

それが今、ビルの一室で裸にされて縛られて責められている。

そう考えるととても不思議な気がした。

終わりの時間が近づいてきた。

Yちゃんはオレの粗チンの皮を剥き、コンドームをかぶせる。

そして、左手で乳首をいたずらしながら右手で手コキを始める。

やがて、自分の意志とは関係なく快感が体を突き抜けていく。

「ア、ア、アーーーーッ」思わず叫びながら果ててしまった。

犯されるってこんな感じなのかな?

理性が戻ってくるが、体はまだ縛られたまま。

恥ずかしさが押し寄せてくる。

でも手は後手で縛られていて隠すこともできない。

Yちゃんがコンドームをはずしてティッシュで拭いてくれた。

それから縄が解かれ、シャワーに行った。

シャワーを浴びながら、「とうとうやっちゃったな」と思った。

それまで自分のM性を何とか否定したいという気持ちがあった。

でも、とうとう女の子に縛られて射精させられるという体験をしてしまった。

帰るときに

「最後に声上げてくれたでしょ。あれがよかったわよ。恥ずかしがって何も反応しない人もいるけど、そういう人はやりにくいのよ」

と言ってくれた。

これを含めて6回通った。

毎回違う女の子と遊んだ。

ルーム代もなく、Mコースなら1万円ポッキリで、

2人女王様でも1万5000円で遊べるいい店だったのになくなってしまったのが残念だ。


タグ:SM/女王様/手コキ/緊縛/縛り/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:バイブを入れたまま自転車のなるエロ女のオナニー話



続きを見る

記事名:9人に輪姦されたコンパニオンのレイプ体験談



続きを見る

記事名:弟に挿入されたOLの浮気エロ体験話



続きを見る

記事名:セフレとアナルセックスを初体験エッチ体験談



続きを見る

記事名:中年おやじに無理矢理激しいセックスさせられたレイプ体験談



続きを見る

↑ PAGE TOP

えろばな(エロ話) --> 義母&義妹との禁断の浮気セックス体験談