義妹の彼氏の巨根にフェラチオ人妻エロ話

義妹の彼氏の巨根にフェラチオ人妻エロ話 えろばな(エロ話)


みんなのエッチなエロいお話を集めたブログ


えろばな(エロ話) --> 義妹の彼氏の巨根にフェラチオ人妻エロ話





記事No.720:日付(2017-11-08)
カテゴリ:フェラチオ

俺・38歳、嫁・34歳。小柄のせいか20台に見える童顔おっとりしていると言うか天然。子供は3人10年前にマイホームを購入結婚12年目。
今でも、かなり仲良し(Hは週2回位)
そんな我が家に、仕事の夏休みを利用して、嫁の妹Aちゃんと彼氏のK君が、遊びに来た。
Aちゃんは、家庭的でおとなしい嫁とは対照的に、元気で社交的な31歳。
彼氏のK君は、おとなしい感じの長身イケメン25歳。

K君の車から、荷物をおろすと
早速、全員で近所の海水浴場へ

海では、子供の面倒を、AちゃんとK君が見てくれたので、俺は若い女の子達の水着姿を眺めて、目と心の保養につとめた。

昼を過ぎて、混雑してきたので食事をして家に帰った。

シャワーを浴び、子供達は昼寝
大人達はお菓子をつまみに、ビールを飲むことになった。

2~3本飲んでいると、朝早く出てきた事や、子供と一緒に海水浴をした事などの疲れでK君が眠り始めてしまった。

余り騒ぐのも悪いと思い、俺はAちゃん達が持って来てくれた土産のダンボール箱を開ける事にした。

その中には、嫁の曾祖母が作った大量の野菜が、入っていた。
その中でも、驚いたのが25cm位ある長ナス。素人作りだからなのか、いろいろな方向に、ぐにゃぐにゃと曲がっていた。

その中のナスの1本を手に取ったAちゃんが信じられない事を口にした。

「あ!このナス、K君のみたい」
「K君のって!」
「K君のおちん○ん!」
「え~!嘘だ~」
「本当だよ~!じゃあ見てみる?」

Aちゃんは、まるで自分の物のような言い方で、K君を起こさないように、ゆっくりズボンとパンツを、ずり下げた。

しかし、そこには俺のと、たいして変わらないおちん○んが

「普通だよ~!」

「違うよ~!固くなると凄くなるんだよ~!」

「じゃあ、Aちゃん固くしてよ」

「嫌だよ~恥ずかしいよ~!
それに、K君起きちゃうよ~」

「大丈夫だよ!そこに子供用のベビーオイルがあるから、それを手に付けて、優しくやれば・・・」

俺と嫁は、ビールを飲みながらAちゃんのエロい手技と、少しずつ硬度を増し大きくなっていくK君のおちん○んを見守った。

普段は、真面目な嫁もアルコールが入るとエロくなる。
K君のおちん○んを見つめる目は、もうトロ~ンとしている。

暫くすると、K君のおちん○んは信じられない事になっていった。

まず、左に急角度にそりながら上昇し、最後に鬼頭だけが逆方向に反り返る
きっと、真っすぐにすれば25cm近くあるのでは・・・

俺が唖然として言葉を失っていると嫁は、完全に潤んだ目で
「本当に、さっきの長ナスみたいすご~いねえ!固いの?」
と、興味津々

「せっかくだから、触らせてもらえよ!良いよね、Aちゃん?」
「良いよ~良いよ~触って、触って!」
まるで自分の物のようの・・・

嫁は、恐る恐るおちん○んに手を触れた。

今まで3人共、K君を起こさないように小声で話していた。

しかし、天然の嫁はやらかした。
大きな声で

「すご~い!何、この形」

その時K君は、ぱっと目を開けた。
しかし寝ぼけているのか、状況が把握出来ないのか、放心状態

嫁は気がつかず

「この先の方、凄いよね~」
と、亀頭を握りしめている。

流石にK君も覚醒し

「わ~!ちょっと!」

嫁は、おちん○んから急いで手を離して

「違うの!AちゃんがK君が長ナスで・・・旦那がせっかくだから長ナスをって・・・」

と、完全にパニック

俺とAちゃんは、大笑い
嫁は、涙目
K君は、恥ずかしそうに股間を押さえている。

暫くすると、子供達が起きてきた。

俺はAちゃんに今、思いついた計画を話した。
Aちゃんは、あっさりOKしてくれた。
まず、もらった野菜の半分を、近所にある俺の実家に持って行く。

先程の行為とアルコールの効果で、Hになった嫁と、嫁におちん○んをいじられて、少し興奮しているK君を、二人きりにする。

リビングの小窓のカーテンを気づかれない程度に、ずらしておいた。

俺はAちゃんと一緒に、子供達を連れ実家に向かった。

子供達を両親に少しの間、預け
急いでAちゃんと、家に戻る。

そして、嫁にメールした。

”少し実家で、遊んでから帰ります
夕飯までには帰ります!
K君にビールでも出して、二人でまったりしてて・・・”

そして、Aちゃんとリビングの小窓の隙間から、中をのぞき込んだ。

二人はビールを飲みながら、何やら恥ずかしそうに話をしている。

エアコンをつけているので、全部の窓が閉まっている。
中の声が全く聞こえない。もどかしい。

隣でAちゃんは、終止ニヤニヤしている。

暫くして嫁が立ち上がった。
どうやら、玄関のカギを掛けに行ったようだ。

流石にAちゃんも真剣な顔をしていた。

リビングに戻った嫁がK君の前を通り過ぎようとした時、K君が嫁を引き寄せ、抱きしめた。

二人はキスをしながら、互いの身体をまさぐっていた。

嫁は、何かに急かされるようにK君のズボンとパンツを脱がせ、すでに、長ナスのようになっているおちん○んに、しゃぶりついた。

嫁の小さな口では、亀頭の部分しか入らず、しかも奇形な為、とても舐めずらそうにしている。

暫くすると嫁は、隣室からコンドーム持っ来て、長ナスちん○んにかぶせた。

俺のLサイズのコンドームでも半分強しか入っていない。

嫁は、上になって挿入しようと試みるが、上手くいかず、嫁を横に寝かせ、K君が斜めから挿入した。
初めて見る不思議な体位だった。

Aちゃんが小さな声で
「あの体位かバックしか、上手く入らないの~結構不便なのよ~」

その後、やはり斜め横からバックで挿入し、K君は五分足らずで射精した。

そして、俺とAちゃんは子供達を迎えに行き、再び家に戻った。

嫁とK君は何食わぬ顔をしていたが、流石は天然の嫁、テーブルの下に使用済みコンドームを発見、直ぐにティッシュにくるみ保管した。

夜になり子供が寝たので、3人の前に使用済みコンドームを置き問い詰めた。

嫁はまたもやパニック
「え!え!誰のだろ~?」

AちゃんがK君に問い詰めると下を向き、あっさり
「ごめんなさい」

「え!K君、あきらめちゃ駄目だよ!違うの!これは、長ナスに・・・」

俺とAちゃんが、睨んでいると
「ごめんなさい」

次の日、Aちゃん達が帰り、夜になると
「で!K君の長ナスはどうだった?」

「え!正直入れずらかった
やっぱり旦那のおちん○んが良い~」

と、言っていじりだしたので、許してあげた。
まあ、俺も覗きながら興奮したし、面白い長ナスも見れた事だし・・・

一方、Aちゃんの方はK君の夏のボーナス全額で指輪を買ってもらったそうだ。

恐るべしAちゃん


タグ:巨根/フェラチオ/人妻/エロ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:1日で3人の女の子とSEXした不倫体験談



続きを見る

記事名:スワッピングに目覚めた夫婦の人妻乱交エロ告白体験談



続きを見る

記事名:2人の義母との近親相姦中出しエッチ話



続きを見る

記事名:泥酔して母とセックス人妻エロ体験談



続きを見る

記事名:パートのおばさんに誘惑された熟女不倫エロ告白話



続きを見る

↑ PAGE TOP

えろばな(エロ話) --> バイト先の巨乳人妻に中出しセックス不倫エロ告白体験談