おばさんで童貞卒業した思い出のエッチ体験話

おばさんで童貞卒業した思い出のエッチ体験話 えろばな(エロ話)


みんなのエッチなエロいお話を集めたブログ


えろばな(エロ話) --> おばさんで童貞卒業した思い出のエッチ体験話





記事No.808:日付(2017-11-18)
カテゴリ:初体験

今は知らないけど、当時は立ちんぼの外人(アジア、コロンビア)が毎晩何十人も立っていて、意味もなく会社帰りはそこを通りながら電車で帰宅していた。
イケメンでもないし、田舎から出てきて出会いもない俺は週末のある日、童貞を捨てようと決めた。

ちょうど給料日後だったし、毎晩ムラムラしながらあの通りに寄る自分から決別したかったのもあって。

その時は会社の寮のドアを出た瞬間から電車に乗ってる間中ずっとドキドキしていた。
ついにその通り沿いに着くと、やっぱり立ちんぼは同じように何十人も立っていた。
俺はその通りを歩き始めるとどの人にしようか決める為に、随分歩き回ったw
みんな色っぽい格好をしていて、正直迷った。
踏ん切りが付かないのもあって、気付くと何周もしていて足はくたくた、もう帰ろうかと思った。
最後に一周して決まらなかったら帰ろうと思った。
多分深夜の二時は回ってたと思う。

ちょっと大通りに出た時に飲み屋?食い物屋?の前で暇そうにしてるオバサンがいた。
年の頃30後半ぐらい。
どうやら俺がぐるぐる廻ってるのを見ていたらしく、「遊ばない?」と声を掛けてきた。
俺は一瞬ビビってなんて答えたらいいか分からなかった。
「まだ決めたわけじゃないんですけど」
みたいな事を言ったと思う。
少し話している内にその人がスタイルが良い事に気付いた。
胸も結構膨らんでいた。
そして何より優しそうだった。
話してるうちに俺はこの人にしようと決めた。

ぶっちゃけホテルにも入った事なかったからかなり緊張した。
その人の言われるままに後をついていくと、普段使ってるらしいホテルに二人で一緒に入った。
その人にどの部屋がいいか聞かれたが、よくわからなかったので結局その人が決めエレベーターで部屋に向かった。
明るい所で彼女を見ると、未知の領域?のせいか色っぽく、いつの間にか勃起してしまった。

部屋に入ると一緒にシャワーを浴びた。
思った通りスタイルが良く、尻がたまらなくエロかったのは覚えてる。
恥ずかしかったがアソコを洗ってもらったり、少し含んでもらったりもした。

俺は先にシャワーから出されると、磨りガラス越しに彼女が体を洗っているのが見えた。
なんといかこういうシーンを見るのは凄く興奮した。
激しく勘違いだけど、これからの俺との行為の為に体を洗ってると思うと少しいとおしく感じた。
俺は浴衣に着替えて、落ち着かづにソワソワしながら先にベッドで待っていた。
すると彼女がタオルを体に纏い、ついにシャワーから出てきた。

彼女はタオルをはだけてベッドに入ってきた。
俺は緊張して何も喋れなかった。
すると、「もしかして初めて?」と図星な質問をしてきた。
俺は頷くと
「じゃあ、気持ち良くしてあげなくちゃね」
みたいな事を言ってくれたと思う。

彼女は俺の下半身にまわると、アソコを舐め始めた。
「やっぱり若い子は硬いわね」
と聞かれたが、よくわからないと答えたのを覚えてる。

俺は彼女に女性のク○トリスの部分を初めて教えて貰った。
俺はそこを指や舌でのやり方を教わり、お互いに舐め合ったりした。

しばらくすると「もう、我慢出来ない」と言われた。
俺はなんとなく入れるんだなと思った。
けど穴がよくわからず、困ってると彼女が手で誘導してくれた。
すると俺のアレが彼女の濡れたアソコに入りなんとも言えない柔らかく、包まれた感触が凄く気持ち良かった。
俺はぎこちなく行為を始めて、彼女の柔らかいアソコを必死に突いた。
彼女に「奥の方を突いて」と言われ、俺は言われるがままに根元までアレを深く沈めた。
すると彼女の奥に俺の先が当たるのが分かった。

「そこ!そこ突いて」と言われ、俺はぎゅーっとアレの先を彼女の奥に押し付けた。
彼女はその度に体を何度もブルブルさせ、数度繰り返すと最後は体をガクガクさせながら、お腹の部分をビクビクさせながらイッたらしかった。

俺に「ありがとう」と言うと、「中に出していいよ」と言ってきた。
俺は「妊娠しちゃうんじゃ」と言うと、「ピル飲んでるから大丈夫よ」と言った。
俺はピルがよく分からなかったが、大丈夫なんだと思い彼女の生暖かいアソコに包まれながら、最後は騎乗位で彼女の奥にたっぷりと放出してしまった。

彼女がアレを引き抜くと、ドロッとした俺のザーメンが大量に出てきた。

彼女が「時間はまだ大丈夫?」と聞くと、
俺は「次の日休みだから大丈夫」と言った。
結局その晩は四回ぐらい中出しセックスをした。

その後、お互いが好きになり三年間ずっと付き合った。
週末になると、一緒に映画を見たりホテルに行ったりした。
三年間、恐らく何百回はしたと思う。
デパートに買い物に行って、お互い我慢出来なくてトイレでした事もあった。
最後の方は奥に中出しすると、白目を向きながら体をガクガクさせイッてた。
夜中呼び出されて、公園でした事もあった。

それが今となっては俺の中出しセックスの思い出。
今でこそやってないが、あんな経験はもうないだろうと思う。


タグ:おばさん/中出し/童貞/エロ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:キモ男に犯されたい願望のある変態女のSMエロ告白体験談



続きを見る

記事名:高飛車な熟女を焦らして中出しセックス体験談



続きを見る

記事名:ヤリマンになった清楚な彼女のエロ体験談



続きを見る

記事名:ドMに調教されイキまくる彼女のSM告白話



続きを見る

記事名:女友達のねっとりお掃除フェラ浮気エロ体験談



続きを見る

↑ PAGE TOP

えろばな(エロ話) --> 義母&義妹との禁断の浮気セックス体験談